読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

はじめての朝活。

わたしが苦手なことランキング第2位
それは早起き。(言わずと知れてる件)

忘れもしない11月3日、「自由と平和を愛し、文化をすすめる」ことを趣旨としている(Wikipedia参照)文化の日
雨が降りだした前日夜のジムの帰り道、ここぞとばかりに送った "雨だから明日ムリじゃない?" のLINEもむなしく
朝5時の電話で起こされたわたしはドすっぴん&寝癖のまま迎えにきた車に乗り込んで
この週の週末には終わるという "ゴンドラ乗って雲海見に行こうよ" 的なツアーに参加。(半強制)

暖かいベットに後ろ髪ひかれたまま、まだ真っ暗な富士見パノラマリゾートに着くとなんとチケット売り場は行列!

f:id:pyon2shuwattch:20161129012501j:plain


もし幸せを感じる瞬間ランキングをつけるとしたら
朝好きなだけ寝ていられることが、『夜眠りにつく瞬間』と『会社の休憩中のお昼寝で熟睡できた時』と共に同率第2位なわたしは思わず
みんな頭おかしいんじゃ、、と思ってしまったけど
ゴンドラとかリフトはけっこう好きなので乗り込んだ瞬間やっとじわじわテンションあがってきた。
そうだ、感動は自分のものさしで測れないところにあるんだったわ

f:id:pyon2shuwattch:20161129013411j:plain

f:id:pyon2shuwattch:20161129013920j:plain

ようこそ天空の花園へ。
はい、いらっしゃいましたよ
微かに花園感はある、微かに。(只今美味しんぼ会では2回繰り返すブーム中)
りんどうは長野県花ですよーテストでるよー

f:id:pyon2shuwattch:20161129014255j:plain

わたしの、いや、わたしたちの、と言っておこう
日頃の行いが良いせいでお天気もよくなっちゃって
海と表現できるほど雲はなかったけど
冷たい空気の中を静かに流れて少しずつ形を変える雲を眺めるのは、朝帰りの日の誰も起きていない道を歩く時みたいですごく心地よかった😪

f:id:pyon2shuwattch:20161129020526j:plain

f:id:pyon2shuwattch:20161129020831j:plain


温かいチャイティーラテでこんなにも幸せを感じられるのもきっと朝活の醍醐味なのだろう。
"凍えそうな山頂でチャイティーラテを飲む朝のひととき" が、幸せランキング1位にノミネートされた瞬間だった。(ただしこの瞬間だけ)

f:id:pyon2shuwattch:20161129020940j:plain


日の出の瞬間もちゃんと見届けた。

f:id:pyon2shuwattch:20161129021952j:plain


かっこいい重機もちゃんと収めた。

f:id:pyon2shuwattch:20161129022314j:plain


かっこいい梅宮辰夫(たち)も、ちゃんと収めた。
一応言わせて、わたしはカメラマンだから。
わたしだけがこのTシャツの件すっかり忘れてた。
いやむしろ記憶の片隅にもなかったゴメン。
あー忘れててよかった。

f:id:pyon2shuwattch:20161129022600j:plain


ゴンドラで下りた頃にはすっかり日が昇って
出社時間に間に合うかなとか、今日の昼休みは食事より睡眠を摂ろうとか、生活感のある考えばかりが浮かぶいつもの朝が始まっていて
数十分前の音のない光景が夢の中のことみたいに思えて不思議だった。
さみしくないのに寂しい気持ちに浸りたい朝帰りの日に似てる。
浸りたいだけで寂しくはないの、それで幸せを確認したいだけなんだきっと、、

って。おまえ誰やねーん!はよ会社いけや。


f:id:pyon2shuwattch:20161129025634j:plain


おわり。